イオン導入 超音波

イオン導入と超音波の違い

イオン導入と超音波の違いはどこにあるのでしょう。

 

イオン導入というのは、ビタミンCなどの有効成分を肌の奥に浸透させていくもので、ビタミンC誘導体、美容液をコットンにしみ込ませ、肌に塗っていきます。
スイッチを入れることで、肌の奥にまで有効成分を浸透させることができます。
その結果、肌のコラーゲンの働きを促し、シワを解消することができます。
アンチエイジングや美白、ニキビ予防などの効果も得られます。
イオン導入は、微弱なマイナス電流を流すことで、マイナスの力をもつビタミンC誘導体美容成分を反発の力によって肌の奥まで浸透させていきます。
即効性のある美肌効果が望めるのが特徴で、通常の洗顔では落とせない肌の奥に蓄積した汚れをクレンジングすることができます。

 

一方、超音波というのは、マイクロウェーブでの振動によるマッサージ効果により、新陳代謝を促進するものです。
超音波は人間の耳に聞こえない周波数の振動で、2万Hz以上の振動数です。
それを肌にあてることで、肌に刺激を与えることができます。
肌の細胞を振動させることができるので、皮膚が奥から温まって血流が活発化します。
結果、新陳代謝が促進されて、たるみやむくみを解消し、しわを薄くすることができます。

 

 

イオン導入の原理

イオン導入の原理は複雑です。
その原理ですが、まず、肌にイオン化した麻酔液を塗り、マイナスの電極を当てます。そうするとマイナス同士の力で反発し合い、水溶性の薬物が肌の奥深くへと浸透します。

 

これがイオン導入の原理、仕組みになります。

 

マイナスの電荷を帯びるビタミンC誘導体と、イオン導入器によって発生した微弱電流の反発力により、有効成分が皮膚の深部にまで浸透するのです。

 

こうした原理により、服用や注射では得られない大きな効果が期待できます。
水溶液中の成分を効率よく皮膚の奥深くまで吸収させることができるので、みずみずしい肌になることができます。

 

家庭用イオン導入器の原理も同じで、マイナスの力を持つビタミンC誘導体を肌に塗り、微弱なマイナス電流を当てることにより、肌の奥へと浸透させていきます。

 

イオン導入を駆使して浸透させた成分は、塗布する場合よりも50倍以上の浸透力があると言われています。ただ、イオン導入で浸透できるのは主として小さな分子量のものだけで、コラーゲンやヒアルロン酸などの巨大分子は肌の中へ入ることはできないとされています。